バイクをもっと楽しくするWEBマガジン

デイトナ
フェイスブック

DAYTONA Base Project

menu

2017/02/21

防寒レッグカバー愛用歴10年以上のユーザーが語る「テルモスクード」その2

冬の防寒対策はテルモスクードがベスト!

僕が「テルモスクード」を装着している期間は、11月中旬からゴールデンウィーク明けまで。春先は「テルモスクード」が必要ないくらい暖かいときもありますが、寒さがぶり返す時があります。そんなときは、「テルモスクード」を車体に装着したまま膝掛け部分をクルクルッと巻き取るためのストラップも装備されているので気温に合わせて、膝掛けを出したり巻き取ったりを繰り返しています。

高速でもバタつきの心配なし!

いまは125ccスクーターに装着していますが、以前は150ccスクーターだったので、「テルモスクード」をつけたまま首都高速などを走っていました。走行風でバタつくんじゃないの!? と思われがちですが、実際はその逆。おそらく走行風の負圧によって、速度が上がるとふくらはぎあたりにピタッと張り付きフィット感が増します。横風を受けて車体が振られることもほとんどありませんでした。

お手入れもラクラク

暖かくなって取り外した「テルモスクード」は、風呂場で丸洗いしちゃいます。約半年間、屋根のない駐輪場に停めたスクーターに装着しっぱなしなので、そのまま保管するのは忍びなくて……タワシやブラシを使って全体の汚れを落としたらシャワーで徹底的に水洗い。そして向きを変えて洗濯機の脱水機能を使って何度か脱水します。そして天日干し。天気の良い日を選んで洗濯するので、1日で乾きますよ。そしたら同梱されている専用ケースに入れて秋まで保管です。

装着も、慣れれば簡単

脱着は、慣れてしまえば15分ほどです。最初は少し戸惑うかもしれませんが……装着するときのコツは、各ストラップに均一にテンションを掛けること。できるだけ車体のセンターに「テルモスクード」が装着できるよう、少し緩めたり締めたりしながら調整してみてください。左右均等に、そしてできるだけスクーターのボディにフィットさせることを心がけてください。ストラップのアジャスター類は樹脂パーツですが、耐久性はかなり高いと思います。ギュウギュウ締めても壊れませんし、10年以上使用してやっと壊れたくらいですから。

やっぱりテルモスクード

ガソリンスタンドで給油しているときや信号待ちのときなど、毎シーズン、“それ何!? ”“暖かい!? ”“足、出しにくくない!?”と何度も質問を受けますが、そのときの答えは一つ、“バッチリです!”デス。東京都内とは言え、真冬のスクーター移動時にオーバーパンツもインナースパッツも必要ないですから。いやコレ、本当です!!

 

デイトナサイトから商品をチェック! ↓

http://www.daytona.co.jp/products/tobira-J00329-W0000109

LINEで送る
Pocket

最近の投稿記事

過去の記事

全てのカテゴリー

カテゴリー

デイトナのブランド

キーワード

東京モーターサイクルショー フォース・レイ DE01 ガレージ自慢 2016茶ミーティング

デイトナをフォローしよう

デイトナのfacebookページへ デイトナのyoutubeページへ

デイトナのFacebookページを「いいね」して最新情報を受け取ろう!

ページの先頭へ戻る