バイクをもっと楽しくするWEBマガジン

デイトナ
フェイスブック

DAYTONA Base Project

menu

2017/07/13

今、人気のレブル250/500。適合パーツをご紹介!

今、人気のアメリカンクルーザー「レブル」

今度のレブルは、ナローなスタイルが格好いい! 今までにないアメリカンクルーザーの雰囲気が受けているようです。

そのままでもカッコいいですが、通勤や通学時、さらにツーリング時には荷物もいろいろ積みたいのがホントのところ。

今回、レブル用のパーツをいろいろ取り揃えてみましたので、ぜひチェックして、気になるパーツを探してみてください!

サドルバックを取り付けてのんびりツーリング

ということで、まずはサドルバッグサポートのご紹介です。

上の画像は左側専用品。

◆サドルバッグサポート レブル用 (左)

品番:95225 標準価格¥9,000(税抜)

http://www.daytona.co.jp/products/single-95225-parts

 

バッグを装着しやすいよう、ベルト掛け部分を一体化した形状を採用(サドルバッグハンガーは不要)しました。荷物積載時にユーティリティーネットを掛けたり、多機能性を持たせたデザインです。

 

※ 本商品を装着すると、ご使用になるサドルバッグの大きさによってヘルメットホルダーにヘルメットを掛けにくくなる場合があります。その場合は、別売の品番:75633 、汎用の「ヘルメットロックケーブル500mm 」をご利用ください。

http://www.daytona.co.jp/products/single-75633-parts

マフラー側にもサドルバッグ

続いて、右側のサドルバッグサポートをご紹介。

 

◆サドルバッグサポート レブル用 (右)

品番:95224 標準価格¥9,000(税抜)

http://www.daytona.co.jp/products/single-95224-parts

 

バッグはマフラー側対応品を装着しています。

 

◆アメリカンサドルバッグ9L マフラー側対応

品番:93327 標準価格¥16,000(税抜)

http://www.daytona.co.jp/products/single-93327-parts

 

ちなみにサドルバッグは12Lが4種類、15Lが1種類。18Lが1種類、マフラー側対応が1種類の豊富なラインアップがあります。

詳しくはこちら ↓

http://www.daytona.co.jp/products/series-S09695-genre

 

 

バッグ装着が済んだら、次は長時間のライディングに備えてバックレストはいかがでしょうか。

快適ライディングポジションを目指すなら、バックレスト

ここでご紹介するのが「リバーシブルバックレスト」。

◆リバーシブルバックレスト レブル用

品番:95240 標準価格¥35,000(税抜)

http://www.daytona.co.jp/products/single-95240-parts

 

なんと1台2役! タンデム用にもライダー用にもなるバックレストです。バックレストとしてライディング姿勢をサポートすることで、運転時の疲労の軽減に役立ちます。

通常はライダー用バックレストとしてお使いいただき、反転装着すれば、タンデム用バックレストに早変わり。

バックパッドの位置は、上下2 ポジション可変型(25mm ピッチ)。

そして素材はスチール製です。

 

 

よりアメリカンな雰囲気に

次にご紹介するのは、「エンジンガード」。よりアメリカンな雰囲気にグレードアップします。

◆エンジンガード レブル250専用

※500には取り付けできません。

品番:95226 標準価格¥28,000(税抜)

http://www.daytona.co.jp/products/single-95226-parts

 

車両の持ち味を壊さないシンプルなキャリア

まだまだありますよ~!

◆フラットキャリア レブル用

品番:96613 標準価格¥10,000(税抜)

 

荷物を平らに積むことができるキャリアです。タンデムシートを取り外して簡単に装着できます。積載時の安定性と実用性を重視して開発しました。

最大積載量は5kg。スチール製のつや消し塗装。

こちらは9月上旬発売予定となっています。

ハンドルを少し手前に引いて快適度をアップ

最後にご紹介するのはハンドルバー

◆40Bハンドル レブル用

品番:95227 標準価格¥7,200(税抜)

純正ハンドルだと「ちょっとハンドルが遠いなあ~」という方に最適な40Bハンドルシリーズ。

ハンドルの垂れ角 / 絞り角はそのまま、純正に対してハンドル幅を20mm狭く、グリップの位置を40mm手前に引いた形状です。
コントロールスイッチ、ブレーキホルダーの位置合わせ穴は、純正とほぼ同じ位置に左右に1箇所ずつ開けてありますので、スイッチボックスの加工も不要。

ボルトオンで取り付け可能です。

こちらは8月上旬発売予定です。

 

ということで、レブル用パーツのご紹介はいかがだったでしょうか。

人気のレブルに、目的にあったパーツを取り付けて、快適なツーリングを楽しんでくださいねー!

LINEで送る
Pocket

最近の投稿記事

過去の記事

全てのカテゴリー

カテゴリー

デイトナ取扱いブランド

キーワード

東京モーターサイクルショー 2017茶ミーティング フォース・レイ ガレージ自慢 DE01 2016茶ミーティング

デイトナをフォローしよう

デイトナのfacebookページへ デイトナのyoutubeページへ

デイトナのFacebookページを「いいね」して最新情報を受け取ろう!

ページの先頭へ戻る