バイクをもっと楽しくするWEBマガジン

デイトナ
フェイスブック

DAYTONA Base Project

menu

2019/11/08

タンデムだってへっちゃら! ますます充実のレブルパーツで快適ツーリング! その3

「その1」では小柄な人向けのパーツ、で「その2」ではキャンプツーリング向けのアイテムをご紹介してきたこのブログ。いよいよラストの「その3」は、タンデム向けパーツをご紹介して参ります。

250ccながらパワフルさも兼ね備えたレブルで、親子、ご夫婦、友達、彼女(彼氏)と、タンデムツーリングを楽しんで♡みませんか?

早速ご紹介するのはこちら! リバーシブルバックレストです。

◆リバーシブルバックレスト

品番:95240 標準価格¥36,000(税抜)

https://www.daytona.co.jp/products/single-95240-parts

 

何だよ何だよ、ふつうのバックレストじゃん! とお思いの皆さま、それは早合点というもの。このバックレストは1つ2役の便利アイテムなんです!

実は、こう↑取り付けることもできます! (バックレストをライダー側に移動)

そう、まさにリバーシブル!

通常はライダー用のバックレストとして使い、反転装着でタンデム用となる便利アイテムなんです。おまけにバックパッドの位置も上下2つのポジションが選べる可変式!(ピッチは25mm)

これなら、たまにタンデムする人でも手軽に同乗者用のバックレストが設置できるので安心です!

 

さて、ブログ「その2」でもちらっとご紹介しましたが、リバーシブルバックレストを装着してもこの↑フラットキャリアの取り付けは可能です。

ブログ↓

キャンプもおまかせ! ますます充実のレブルパーツで快適ツーリング! その2

この時タンデムシートは取り外してしまうので、ソロツーリングの時にお使いいただければ荷物の積載もチリバッケーオー(ばっちりOK)!! ←表現が昭和

◆フラットキャリア

品番:96613 標準価格¥10,500(税抜)

https://www.daytona.co.jp/products/single-96613-parts

 

しかしながら、タンデムツーリングとなるとバックレストはタンデムシート側になりますから、今度は荷物の置き場所に迷っちゃいますね・・・。

そんな時に便利なオプションパーツ、バックレストキャリア!

取り付けはこんな感じ。テールランプ上のスペースをうまく使って荷物の積載が可能になります。

◆バックレストキャリア

品番:96950 標準価格¥12,000(税抜)

https://www.daytona.co.jp/products/single-96950-parts

これに何かバッグを載せてみましょう!

デイトナオリジナルブランド「Henlybegins(ヘンリービギンズ)」の「保冷シートバッグ」を積んでみました。

◆保冷シートバッグ

品番:96450 標準価格¥12,000(税抜)

https://www.daytona.co.jp/products/single-96450-parts

ソロのときのように沢山は載せられませんが、荷物が積載できるところがあるのは便利です。

 

・・・でもね、・・・。

リバーシブルバックレストとバックレストキャリアの両方を付けたら、標準価格だと、よ、よんまんはっせんえん!!

・・・それは、なかなかのお値段になりますですよね。(しどろもどろ)

そんなときには、ちょっとだけお得なフルパッケージもございまーすっ!

◆リバーシブルバックレスト フルパッケージ

品番:97031 標準価格¥46,000(税抜)

https://www.daytona.co.jp/products/single-97031-parts

これならリバーシブルバックレストとバックレストを別々に購入するよりも2千円お得!!

 

・・・と、ここまで商品のご紹介をさせていただいたところで、開発担当T氏に再登場してもらって、製品化するまでに苦労した点を聞いてみることに!

リバーシブルバックレストの開発で苦労した箇所は、「位置あわせ」だったそうです。

全ての方に、というのはなかなか難しいのですが、できるだけ身長の高い人から小柄な人まで、幅広い方に使用していただけるような設定にしたかったそう。

・・・と、マッチョな担当は申しておりました。(10月末なのに半そで・・・)

 

お話をタンデムパーツに戻しましょう! その他のタンデム用といえば「その2」でもご紹介したグラブバーキャリアがあります。

 

 

改めてご紹介すると、こちらは

◆グラブバーキャリア

品番:96614 標準価格¥15,500(税抜)

https://www.daytona.co.jp/products/single-96614-parts

荷物を載せていない時やタンデムしていない時でも、レブルの雰囲気に良く似合っているのでおススメです。

 

ということで、レブル用のパーツを目的別3回に分けてご紹介して参りましたが、いかがだったでしょうか。

 

先ほど画像で登場した開発担当者T氏によると、まだ他にもレブルパーツを開発中とのこと。新しいアイテムができましたら、またご紹介していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

それでは今回はこの辺で。

 

LINEで送る
Pocket

最近の投稿記事

過去の記事

全てのカテゴリー

デイトナをフォローしよう

デイトナのfacebookページへ デイトナのyoutubeページへ

デイトナのFacebookページを「いいね」して最新情報を受け取ろう!

ページの先頭へ戻る