バイクをもっと楽しくするWEBマガジン

デイトナ
フェイスブック

DAYTONA Base Project

menu

2019/07/19

インカム「DT-01」取り付けてみました@7個目 ~NOLANのN702X編~

今回も弊社取り扱いブランド「NOLAN(ノーラン)」から、新モデル「N702X」を使って取り付け検証を行います!

N702Xは、超高強度軽量素材LEXAN™(レクサン)ポリカーボネートを使用した、アドベンチャークロスオーバーヘルメット。サンバイザーやチンガードが取り外しできるモデルなので、フルフェイス、オフロード、ジェットタイプと、お好みのスタイルで使えるマルチなヘルメット! ヘルメット詳細はスペシャルサイトでチェックしてみてください。
https://www.nolan.jp/products/n70-2x/

そして取り付けるインカムは、おなじみデイトナインカムのハイエンドモデル、DT-01(ディーティーオーワン)です!

◆インカムDT-01(ディーティーオーワン)

1個セット/商品番号:98913 標準価格¥24,000(税抜)

2個セット/商品番号:98914 標準価格¥47,000(税抜)

スペシャルサイトで見る ↓
https://daytona-talk.com/

デイトナサイトで見る ↓

https://www.daytona.co.jp/products/series-S13773-genre

 

さて、まずは作業がしやすいようにチンガードを取り外します。

次に内装を外します。

また、左側のインカム取り付け位置あたりに「N-COM」と名前が入ったキャップがあるので、これを外しておきます。

「N-COM」キャップを外すためにはどうするかと言うと・・・

上の画像の「黄色い枠」の部分は「ライナー」といって、手前に引っ張って取り外すことができます。(後でまた取り付けるので丁寧に外しましょう!)

ライナーを外すと裏側にキャップの「ツメ」がありますので、左右(2か所)ともに外せば、「N-COM」のキャップが外れます。

キャップが取れたら、インカムDT-01のベースプレートを仮当てし、取り付け場所を確認しましょう。

今回は、ヘルメットの形状から「両面テープ」+「面ファスナー」の組み合わせで取り付けます。

次に、先ほど外したライナーを元どおりに取り付けます。

スピーカーポケットのスポンジを外して、スピーカーを左右にはめ込みます。

ここまで終わったら、次はマイクの取り付けです。

ヘルメット右側に、ブーム型マイク用の溝があります。ここに合わせてマイクを面ファスナーで取り付けます。

ここまで完了したら、配線を全て接続しましょう。

配線時の注意事項ですが、ライナー(発泡スチロール)の天井側にケーブルやコネクターがあるとヘルメット装着時にライナーを痛める可能性があります。

従って配線を通す場所は、後頭部のスペースを使うことをお勧めします 。またこの時には、ケーブルやコネクターにダメージがないよう慎重に作業を行ってください。

内装を元どおりにし、インカムDT-01本体を取り付けたら、作業は完了です。

サンバイザー付きのときのフォルムは、こんな感じ!

ちなみにN702Xをジェットスタイルにしたときは・・・

こんな感じになります! サンバイザーがあってもなくても、スッキリとした外観ですね。

取り付け時の注意点は2点!

・ライナーを外すときに割ったりしないよう注意すること。

・ケーブルやコネクターは天井側ではなく後頭部側を通すこと、の2点です。

ぜひ取り付けにチャレンジしてみてください!

それではまた~!

 

LINEで送る
Pocket

最近の投稿記事

過去の記事

全てのカテゴリー

カテゴリー

デイトナ取扱いブランド

キーワード

ヨツバモト 東京MCショー2018 東京MCショー2017 ブンブン!マーケット 2017茶ミーティング 2018茶ミーティング フォース・レイ インカム_DT-01 2019茶ミーティング DE01 電動アシスト自転車 車種別 適合パーツ紹介 2016茶ミーティング ガレージ自慢

デイトナをフォローしよう

デイトナのfacebookページへ デイトナのyoutubeページへ

デイトナのFacebookページを「いいね」して最新情報を受け取ろう!

ページの先頭へ戻る