DT-KIKUDAKE

商品番号:14982

標準価格(税込) 17,050

カタログページ数 P.346

音楽もナビのワイヤレスで聴ける、ソロツーリングが楽しくなる。

聴くだけに特化したシンプルなインカム「DT-KIKUDAKE」。
・FMラジオ搭載:チャンネルスキャン機能付きで10チャンネルまで登録可能です。76.0MHz~108.0MHzの周波数が受信可能でワイドFMにも対応しています。渋滞情報などが聞けて便利です。
・スマホ・オーディオ・ナビゲーション・レーダーにも接続可能:iPhoneやAndroidスマートフォンをBluetoot接続し、ワイヤレスで音楽を聴くことができます。また、Bluetooth搭載のナビゲーションやレーダーと接続が可能。
・高音質スピーカー:走行騒音にも負けない音量と音楽を長時間聴いていても疲れにくい高音質なスピーカーを採用しました。
・防水・防塵仕様 IP67:防水・防塵仕様IP67相当(※当社基準による)でツーリング中に突然、雨に降られても慌てることなく安心して使用が可能です。
・乾電池式 連続使用約12時間:単4乾電池1本で約12時間の使用が可能!ツーリング中に電池がなくなっても、電池を入れ替えれば即、使用が可能です。また、充電設備が無いキャンプツーリングでも、予備の電池を携帯しておけば心配無用。充電式乾電池にも対応しているので経済的です。
・マルチペアリング※1対応:マルチペアリング対応だから、音楽を聴きながらナビゲーションやレーダーの音声の待ち受けができます。例えば、スマートフォンとM OTO GPS RADAR LCD4を同時に接続し、スマートフォンで音楽を聴きながらレーダーの警告音を同時に聞くことが可能です。
※1 最大2台まで
※2 MOTO GPS RADAR、MOTO GPS RADAR LCDは、音楽と警告音を同時に聴くことができません。音楽が一時停止して警告音が聞こえます。ガーミンZUMO660とMOTO GPS RADARを同時接続し、ナビの音声案内とレーダーの警告音を同時に聴くことも可能です。
【仕様】
■本体■
電源:単4 乾電池 1 本(アルカリ乾電池推奨)
本体寸法:L83.5mm × W28.3mm × H21mm
本体重量:32g ※乾電池を除く
作動温度:- 10℃ ~ +50℃
■Bluetooth■
バージョン:バージョン 4.0
送信出力:Class 2
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
最大通信距離:見通し距離で約10m
PIN コード:0000

■商品内容
・本体×1
・ヘルメットクリップ(挿し込み式)×1
・ヘルメットスピーカー×1
・スピーカー固定用面ファスナー×2
・スピーカー位置調整用スポンジ×2
・ヘルメット固定用面ファスナー(オス・メスセット)×1

●接続するBluetooth機器がBluetooth標準規格に適合していても、相手機器の特性や仕様によっては接続できない、操作方法や表示・作動が異なる、データのやりとりができないなどの現象が発生する場合があります。
●当社で接続確認済の機種であっても、他社製品の場合、ソフトウェアや仕様変更により正常に作動しなくなる可能性があります。他社製品との作動保証はできかねますのであらかじめご了承ください。
●音量は控えめにしてご使用ください。また、長時間の連続使用は避けてください。大音量または長時間連続で聴き続けますと難聴になる恐れがあります。
●周囲の交通の音が聞こえる音量でご使用ください。法令違反になる可能性があるばかりか、事故の原因になる恐れがあります。
●運転中の使用につきましては、事前に使用する地域の法律条例等をよくご確認ください。
●本商品の電波法に基づく詳細事項については、当社ホームページおよび、商品付属の取扱説明書を参照ください。
※画像は試作品です。実際の商品とは仕様が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
※Bluetoothは、米国BluetoothSIG,INC. の登録商品です。
※IPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。IPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※SiriはApple Inc.の商標です。

各種資料

補修部品

よくある質問

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEの対応プロファイルの空きポート数(接続口)は以下となります。

    ・HFP/HSP ✖ 2ポート

    ・A2DP/AVRCP ✖ 1ポート

     

    ●具体的に申し上げますと、以下(1)(2)の計2台であれば、何れもDT-KIKUDAKEをペアリングモードにすることで、対応プロファイルの各ポートにバッティングせずに同時接続使用が可能です。

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (1)スマートフォン(iPhone/Android問わず)✖ 1台

    *ペアリング/接続時に「HFP/HSP ✖ 1ポート」「A2DP/AVRCP ✖ 1ポート」を両方占有します。

    (2)弊社レーダー(MOTO GPS LASER/旧・MOTO GPS RADAEシリーズ問わず)✖ 1台

    *ペアリング/接続時に「HFP/HSP ✖ 1ポート」を占有します。

     

    ●以下(A)(B)のような場合は、何れもDT-KIKUDAKEとペアリングすること自体はできますが、対応プロファイルの「A2DP/AVRCP」ポートがバッティングする接続状態となります。

     

    (A)スマートフォン(iPhone/Android問わず)✖ 2台

    スマートフォン1台あたり「HFP/HSP ✖ 1ポート」「A2DP/AVRCP ✖ 1ポート」を両方占有しますので、2台接続すると、互いの「A2DP/AVRCP」ポートがバッティングします。そのため、「1台目のスマートフォンで音楽再生(A2DP音声出力)」「2台目のスマートフォンでナビゲーション(A2DP音声出力)を同時に実行したとしても、先に「A2DP/AVRCP」ポートへの接続を確立したどちらか1台のスマートフォンの「A2DP音声」しか聴くことができませんが、このこと自体はDT-KIKUDAKE側の異常ではありません。

    *この「A2DP/AVRCP」ポートへの接続優先権は、DT-KIKUDAKE側では制御できません。

     

    また、1台目のスマートフォンで音楽再生中だったとしましても、2台目のスマートフォンに「電話着信(HFP音声入力)」などがあると、DT-KIKUDAKE側で自動着信拒否を実行する際に「A2DP/AVRCP」ポートへの接続優先権が2台目のスマートフォンに移行してしまうため、以降は2台目のスマートフォンの「A2DP音声」しか聴くことができない(自動着信拒否前の、1台目のスマートフォンで行なっていた音楽再生の状態には自動復帰しない)状態となりますが、このこと自体はDT-KIKUDAKE側の異常ではありません。

    *元の状態に復帰させるためには、2台目のスマートフォン側の「A2DP/AVRCP」ポートを使用するアプリを一旦停止したうえで、1台目のスマートフォン側を都度操作して、「A2DP/AVRCP」ポートへの接続優先権を再度確立する必要があります。

     

    (B)スマートフォン(iPhone/Android問わず)✖ 1台、「A2DP/AVRCP」ポートを使用する音楽プレイヤーやナビゲーション ✖ 1台

    この場合、通常は

    ・スマートフォン(iPhone/Android問わず) を先にペアリング

    ・「A2DP/AVRC」ポートを使用する音楽プレイヤーやナビゲーション を後からペアリング

    することになりますが、互いの「A2DP/AVRCP」ポートがバッティングしているため、スマートフォンに「電話着信(HFP音声入力)」などがあると、DT-KIKUDAKE側で自動着信拒否を実行する際に「A2DP/AVRCP」ポートへの接続優先権がスマートフォンに移行してしまい、以降はスマートフォンの「A2DP音声」しか聴くことができない(自動着信拒否前の、音楽プレイヤーやナビゲーションとの接続状態には自動復帰しない)状態となりますが、このこと自体はDT-KIKUDAKE側の異常ではありません。

    *元の状態に復帰させるためには、スマートフォン側の「A2DP/AVRCP」ポートを使用するアプリを一旦停止したうえで、音楽プレイヤーやナビゲーション側を都度操作して、「A2DP/AVRCP」ポートへの接続優先権を再度確立する必要があります。

     

    ●なお、他社インカムや音楽プレイヤー、ナビゲーションなど、市販のBluetooth機器につきましては、DT-KIKUDAKEとのペアリング/接続の可否、ならびに接続後の所定の作動を確約するものではありません。この点はご了承ください。

    *他社インカムやナビゲーションなどとペアリング/接続後、DT-KIKUDAKの所定の作動が一部制限されたとしましても、弊社商品(インカムやレーダー)とペアリング/接続時に正常作動する場合は、DT-KIKUDAKE側の異常ではありません。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,スマホ,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEとDT-01/プラスをペアリングする際の留意点は以下の通りです。

    (1)DT-01/プラス側の「ファームウェアのバージョン」は、あらかじめ最新にしておくことをオススメします。

    DT-01のファームウェアは、「Ver1.37以前(4人通話まで)」と、DT-01プラスを含む「Ver2.11以降(6人通話対応)」で仕様が大きく異なります。「ファームウェアのバージョン」が異なると「正しくペアリングできない」「通信や作動が不安定になる」原因となります。

    <DT-01/プラス:ファームウェア更新URL> https://daytona-talk.com/dt01/firmware.php

    *なお、DT-01(Ver1.30~1.33)は、DT-KIKUDAKEとのペアリング対象外です。

     

    (2)DT-KIKUDAKEとDT-01/プラスにつきましては、「1対1」での接続想定となります。

    *そのため、複数台数のDT-01/プラス(最大3台まで)とペアリングする際も、「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01/プラス ✖ 1台」の計2台でのペアリング/接続を一旦完了したうえで、あらためてDT-01/プラス同士(先程「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」とペアリング/接続した1台を含め、最大3台まで)のペアリングを行なっていただく必要があります。

     

    (3)DT-01(Ver2.11以降)/プラスは、必ず「4人モード」で起動してください。

    <モード変更:Ver2.11以降> 電源OFFの状態で、Mボタンを押しながら、Aボタンを同時長押し

    *LEDが5回青点滅し、「2人モード」「4人モード」「6人モード」何れかのアナウンスが流れますので、上記ボタン操作を何回か繰り返し、ペアリングするDT-01(Ver2.11以降)/プラス側を必ず「4人モード」にしてください。「2人モード」「6人モード」で起動すると、DT-KIKUDAKEと正しくペアリング/接続できません。

     

    ●「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ✖ 1台」の計2台をペアリングする場合の操作手順は以下の通りです。

    *なお、DT-KIKUDAKEはマイクを実装しておりませんので、ペアリング/接続後は「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけのみ可能です。

     

    (1)「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ✖ 1台」を各々オールリセットする

    <オールリセット>

    ・DT-KIKUDAKE: 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Mボタンを同時長押し

    ・DT-01(Ver2.11以降)/プラス: 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

    *各々アナウンスが流れ、各々「LEDが5回赤点滅し、消灯する」ことを確認します。

     

    (2)DT-01(Ver2.11以降)/プラスを「4人モード」に変更する

    <モード変更:Ver2.11以降> 電源OFFの状態で、Mボタンを押しながら、Aボタンを同時長押し

    *LEDが5回青点滅し、「2人モード」「4人モード」「6人モード」何れかのアナウンスが流れますので、上記ボタン操作を何回か繰り返し、ペアリングするDT-01(Ver2.11以降)/プラス側を必ず「4人モード」にしてください。「2人モード」「6人モード」で起動すると、DT-KIKUDAKEと正しくペアリング/接続できません。

     

    (3)DT-01(Ver2.11以降)/プラスを電源ON

    <電源ON> 電源OFFの状態で、Vボタン(マイナス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

     

    (4)DT-KIKUDAKEをペアリングモードにする

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (5)(4)DT-KIKUDAKEが「LEDが青/赤交互点灯」していることを確認した後、DT-01(Ver2.11以降)/プラスの「Aボタンを長押し」し、ペアリングモードにする

    *アナウンスが流れ、「LEDが青高速点滅する」ことを確認します。

     

    (6)(4)(5)のペアリングが完了するまで待つ

    *各々アナウンスは流れませんが、ペアリングが完了すると、DT-KIKUDAKE側は「LEDが青2回点滅 ⇒ 消灯」を繰り返す状態、DT-01(Ver2.11以降)/プラス側は「LEDが青2回点滅 ⇒ 消灯 ⇒ 緑1回点滅 ⇒ 消灯」を繰り返す状態となります。

     

    (7)なお、(6)ペアリング完了後、「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができる状態へは自動的に移行しないため、DT-01(Ver2.11以降)/プラス側で以下の追加操作(「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」の接続を一旦終了し、あらためて接続開始する)を行なう

    <「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけを行なうための追加操作>

    ・「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」への接続終了: DT-01(Ver2.11以降)/プラス側で、Aボタンを長押し

    ・「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」への接続開始(再開): DT-01(Ver2.11以降)/プラス側で、Aボタンを3回短押し

    *上記追加操作を行なった後、「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができることをあらためてご確認ください。

     

    なお、基本的にペアリングは一度のみの行為です。再起動(一旦電源OFF、再度電源ON)する都度、DT-KIKUDAKEとDT-01(Ver2.11以降)/プラスを再ペアリングする必要はありません。どうしても再ペアリングする必要がある場合は、必ず『手順(1)「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ✖ 1台」を各々オールリセットする』まで立ち返ってください。この作業を怠ると、予期せぬ通信トラブルの原因となります。

    また、ペアリング完了後に一旦「電源OFF」した場合は、再度「電源ON」しただけでは「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができる状態へは自動的に移行しないため、DT-01(Ver2.11以降)/プラス側の「Aボタンを3回短押し」し、「DT-01(Ver2.11以降)/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」への接続開始操作を都度行なってください。

     


     

    ●「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01(Ver1.35~1.37)✖ 1台」の計2台をペアリングする場合の操作手順は以下の通りです。

    *なお、DT-KIKUDAKEはマイクを実装しておりませんので、ペアリング/接続後は「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけのみ可能です。

    *DT-01(Ver1.30~1.33)は、DT-KIKUDAKEとのペアリング対象外です。

     

    (1)「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01(Ver1.35~1.37)✖ 1台」を各々オールリセットする

    <オールリセット>

    ・DT-KIKUDAKE: 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Mボタンを同時長押し

    ・DT-01(Ver1.35~1.37): 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

    *各々アナウンスが流れ、各々「LEDが5回赤点滅し、消灯する」ことを確認します。

     

    (2)DT-01(Ver1.35~1.37)を電源ON

    <電源ON> 電源OFFの状態で、Vボタン(マイナス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

     

    (3)DT-KIKUDAKEをペアリングモードにする

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (4)(3)DT-KIKUDAKEが「LEDが青/赤交互点灯」していることを確認した後、DT-01(Ver1.35~1.37)の「Aボタンを長押し」し、ペアリングモードにする

    *アナウンスが流れ、「LEDが青高速点滅する」ことを確認します。

     

    (5)(3)(4)のペアリングが完了するまで待つ

    *ペアリングが完了すると、DT-KIKUDAKE側は「LEDが青2回点滅 ⇒ 消灯」を繰り返す状態、DT-01(Ver2.11以降)/プラス側は「LEDが青2回点滅 ⇒ 消灯 ⇒ 緑1回点滅 ⇒ 消灯」を繰り返す状態となり、アナウンスが流れ、「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができる状態へ自動的に移行します。なお、このしゃべりかけができる状態への自動移行はペアリング完了時直後にしか有効になりません。

     

    (6)ペアリング完了後の「接続終了」「接続再開」は、全てDT-01(Ver1.35~1.37)側のAボタンで行なう

    ・「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」への接続終了: DT-01(Ver1.35~1.37)側で、Aボタンを長押し

    ・「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」への接続開始(再開): DT-01(Ver1.35~1.37)側で、Aボタンを3回短押し

     

    なお、基本的にペアリングは一度のみの行為です。再起動(一旦電源OFF、再度電源ON)する都度、DT-KIKUDAKEとDT-01(Ver1.35~1.37)を再ペアリングする必要はありません。どうしても再ペアリングする必要がある場合は、必ず『手順(1)「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-01(Ver1.35~1.37)✖ 1台」を各々オールリセットする』まで立ち返ってください。この作業を怠ると、予期せぬ通信トラブルの原因となります。

    また、ペアリング完了後に一旦「電源OFF」した場合は、再度「電源ON」しただけでは「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができる状態へは自動的に移行しないため、DT-01(Ver1.35~1.37)側の「Aボタンを3回短押し」し、「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」への接続開始操作を都度行なってください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEとDT-E1/プラスをペアリングする際の留意点は以下の通りです。

    (1)DT-E1/プラス側の「ファームウェアのバージョン」は、あらかじめ最新にしておくことをオススメします。

    新しいバージョンのファームウェアは、旧バージョンよりも音量/音質の改善を図っております。

    <DT-E1/プラス:ファームウェア更新URL> https://daytona-talk.com/dte1/firmware.php

     

    (2)DT-KIKUDAKEとDT-E1/プラスにつきましては、「1対1」での接続想定となります。

    *そのため、複数台数のDT-E1/プラス(最大3台まで)とペアリングする際も、「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-E1/プラス ✖ 1台」の計2台でのペアリング/接続を一旦完了したうえで、あらためてDT-E1/プラス同士(先程「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」とペアリング/接続した1台を含め、最大3台まで)のペアリングを行なっていただく必要があります。

     

    ●「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-E1/プラス ✖ 1台」の計2台をペアリングする場合の操作手順は以下の通りです。

    *なお、DT-KIKUDAKEはマイクを実装しておりませんので、ペアリング/接続後はDT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけのみ可能です。

     

    (1)「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-E1/プラス ✖ 1台」を各々オールリセットする

    <オールリセット>

    DT-KIKUDAKE: 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Mボタンを同時長押し

    DT-E1/プラス: 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

    *アナウンスが流れ、各々「LEDが5回赤点滅し、消灯する」ことを確認します。

    <オールリセット>

    ・DT-KIKUDAKE: 電源OFFの状態で、Mボタンを押しながら、Vボタン(プラス)を同時長押し

    ・DT-01(Ver1.35~1.37): 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

    *各々アナウンスが流れ、各々「LEDが5回赤点滅し、消灯する」ことを確認します。

     

    (2)DT-E1/プラスを電源ON

    <電源ON> 電源OFFの状態で、Vボタン(マイナス)を押しながら、Aボタンを同時長押し

     

    (3)DT-KIKUDAKEをペアリングモードにする

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (4)(3)DT-KIKUDAKEが「LEDが青/赤交互点灯」していることを確認した後、DT-E1/プラスの「Aボタンを長押し」し、ペアリングモードにする

    *アナウンスが流れ、「LEDが青高速点滅する」ことを確認します。

     

    (5)(3)(4)全てのインカムペアリングが完了するまで待つ

    *ペアリング/接続が完了すると、DT-KIKUDAKEは「LEDが青2回点滅 ⇒ 消灯」を繰り返す状態、DT-E1/プラス側は「LEDが青2回点滅 ⇒ 消灯 ⇒ 緑1回点滅 ⇒ 消灯」を繰り返す状態となり、アナウンスが流れ、「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができる状態へ自動的に移行します。なお、このしゃべりかけができる状態への自動移行はペアリング完了時直後にしか有効になりません。

     

    (6)ペアリング完了後の「接続終了」「接続再開」は、全てDT-E1/プラス側のAボタンで行なう

    ・「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」への接続終了: DT-E1/プラス側で、Aボタンを長押し

    ・「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」への接続開始(再開): DT-E1/プラス側で、Aボタンを3回短押し

     

    なお、基本的にペアリングは一度のみの行為です。再起動(一旦電源OFF、再度電源ON)する都度、DT-KIKUDAKEとDT-E1/プラスを再ペアリングする必要はありません。どうしても再ペアリングする必要がある場合は、必ず『手順(1)「DT-KIKUDAKE ✖ 1台」「DT-E1/プラス ✖ 1台」を各々オールリセットする』まで立ち返ってください。この作業を怠ると、予期せぬ通信トラブルの原因となります。

    また、ペアリング完了後に一旦「電源OFF」した場合は、再度「電源ON」しただけでは「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけができる状態へは自動的に移行しないため、DT-E1/プラス側の「Aボタンを3回短押し」し、「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」への接続開始操作を都度行なってください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEですが、お客様ご自身で保存したチャンネル(最大10チャンネル)のうち、現在受信可能なFMラジオ局に合致するチャンネルのみを聴取可能です。

    *放送エリア内であっても、チャンネル保存されていないFMラジオ局はDT-KIKUDAKEで聴くことができません。

     

    そのため、FMラジオ局の放送エリアをまたぐ際など、「FMチャンネルスキャン」するだけではFMラジオを聴取できませんので、スキャンされた現在受信可能なFMラジオ局をDT-KIKUDAKE側に新たに「チャンネル保存(上書き保存、または新規保存)」し、スキャン停止後にあらためて「FMオン ⇒ 現在受信可能な保存チャンネルに変更」していただく必要があります。

     

    ●DT-KIKUDAKEの「FMラジオ機能」を楽しむ際の留意点は以下の通りです。

    (1)使用している単四乾電池(アルカリ乾電池)の電池残量が十分にあること

    *電池残量が低下すると、通常は「ポー、ポー、ポー」というお知らせ電子音がスピーカーから聴こえます。この電子音が聴こえた場合や、電池残量が「1.2V未満」に消耗している場合は、新しいアルカリ乾電池に速やかに交換してください。「FMラジオが強制終了する」「突然電源がオフとなる」など、安定作動しない原因となります。

     

    (2)FMラジオ(76.0~108.0MHz)の放送エリア内で現在使用していること

    *なお、FMラジオの放送エリア内であっても、周囲の建物や地形などの影響によっては、正しく受信できない場合があります。この場合は、ロケーションを変えて再度お試しください。

    *また、電波を発する他の電子機器がDT-KIKUDAKEの近くにある場合なども、同様にFMラジオを正しく受信できない場合があります。この場合は、該当する電子機器からDT-KIKUDAKEをできるだけ離してご使用ください。

     

    (3)現在受信可能なFMラジオ局が、DT-KIKUDAKE側に「チャンネル保存」されていること

    *放送エリア内であっても、チャンネル保存されていないFMラジオ局はDT-KIKUDAKEで聴くことができません。

     

    (4)DT-KIKUDAKEとペアリング/接続したBluetooth機器で「音楽再生」などを行なっている場合は、その「音楽再生」を一旦停止したうえで、「FMラジオ機能」をオンにしていること

    *DT-KIKUDAKEは、「音楽再生」と「FMラジオ機能」は両立できません。そのため、「音楽再生」中に「Fボタンを長押し」しても、「FMオン」にはなりません。また、「FMオン」の状態で「Mボタンを2回短押し」すると、自動的に「FMオフ」となり、「音楽再生」が優先実行されます。

     

    (5)FMラジオの受信感度が悪い場合は、本体側のスピーカー接続配線(接続ジャックまでの配線)をヘルメットの外に出してください。

    本体側のスピーカー配線(接続ジャック部までの細い配線)は「FMラジオアンテナ」の役割を担うため、この部位をヘルメット内部に出した方が、FMラジオの受信感度は良くなります。

    *なお、本体配線のジャック部(メス側)とスピーカー配線のプラグ部(四極端子オス側)は、各々防水仕様ではありません。配線接続後の当該部位は、直接雨水が掛からないよう、必ずヘルメット内部に入れてください。

     

    ●「保存されているチャンネルがない」場合の操作手順は以下の通りです。

    (0)DT-KIKUDAKEとペアリング/接続したBluetooth機器で「音楽再生」などを行なっている場合は、その「音楽再生」を一旦停止してください。

    <音楽再生の一時停止> 音楽再生中に、Mボタンを2回短押し

     

    (1)FMラジオ機能をオンにする

    <FMオン> 「音楽再生停止」「FMオン」の状態で、Fボタンを長押し

    *FMラジオ機能をオンにする直前に「音楽再生」していた場合は、音楽を停止してから約10秒経過した後にボタン操作してください。音楽再生を停止した直後にボタン操作すると、正しく反応しない場合があります。

     

    (2)(1)にて「FMオン」のアナウンスが流れた後、自動的に「FMチャンネルスキャン」が実行されます。

    *なお、「保存されているチャンネルがない」場合、以下の操作で「スキャン停止」するまで、「76.0~108.0MHz」の周波数降順で、「FMチャンネルスキャン」が何度も繰り返し実行されます。

    <FMチャンネルスキャンの停止> チャンネルスキャン中に、Fボタンを2回短押し

     

    (3)チャンネルスキャン中、現在受信可能なFMラジオ局がヒットすると、周波数のアナウンスとともに該当するFMラジオ局の「音声」が約5秒間流れます。以下の操作で適宜「チャンネル保存」してください。

    <チャンネルの保存> スキャン中にヒットしたFMラジオ局の「音声」が聴こえる状態で、Vボタン(プラス)を短押し

    *保存可能なチャンネル数は「最大10チャンネル」です。最大数を超える保存分は、「チャンネル1」から順に上書き保存されます。

     

    (4)(3)にて「チャンネル保存」した場合は、「FMチャンネルスキャン」が一巡(76.0~108.0MHz)した時点で自動的に「スキャン停止」し、(3)にて保存した「チャンネル」が昇順で自動選択されますので、該当するFMラジオをご聴取いただけます。

    *なお、スキャン開始後の序盤/中盤でヒットしたFMラジオ局(76.0MHz~に近い周波数)を「チャンネル保存」せず、終盤でヒットしたFMラジオ局(~108.0MHzに近い周波数)にて「チャンネル保存」すると、再度「FMチャンネルスキャン」が一巡(76.0~108.0MHz)することなく、(3)にて保存した「チャンネル」が昇順で自動選択されます。この点はご了承ください。

     

    (5)他の保存チャンネルに変更する場合は、以下の操作を行なってください。

    <保存チャンネルの変更>

    ・チャンネルの送り: 「FMオン」の状態で、Vボタン(プラス)を2回短押し

    ・チャンネルの戻し: 「FMオン」の状態で、Vボタン(マイナス)を2回短押し

    *なお、異なるチャンネル(1~10)に同じFMラジオ局を保存している場合は、保存チャンネルを変更しても、同じFMラジオ局の「音声」が流れることになります。この点はご了承ください。

     

    (6)チャンネルスキャンを再開する場合は、以下の操作を行なってください。

    <FMチャンネルスキャンの開始(再開含む)> 「FMオン」の状態で、Fボタン2回短押し

    *スキャン再開後は、以下の操作で適宜「チャンネル保存」してください。

    <チャンネルの保存> スキャン中にヒットしたFMラジオ局の「音声」が聴こえる状態で、Vボタン(プラス)を短押し

     

    (7)FMラジオ機能をオフにする場合は、以下の操作を行なってください。

    <FMオフ> 「FMオン」の状態で、Fボタンを長押し

     


     

    ●「保存されているチャンネルがある」「保存されているチャンネルはあるが、何れも現在受信可能なFMラジオ局ではない」場合の操作手順は以下の通りです。

    (0)DT-KIKUDAKEとペアリング/接続したBluetooth機器で「音楽再生」などを行なっている場合は、その「音楽再生」を一旦停止してください。

    <音楽再生の一時停止> 音楽再生中に、Mボタンを2回短押し

     

    (1)FMラジオ機能をオンにする

    <FMオン> 「音楽再生停止」「FMオン」の状態で、Fボタンを長押し

    *FMラジオ機能をオンにする直前に「音楽再生」していた場合は、音楽を停止してから約10秒経過した後にボタン操作してください。音楽再生を停止した直後にボタン操作すると、正しく反応しない場合があります。

     

    (2)(1)にて「FMオン」のアナウンスが流れた後、前回最後に聴取した保存チャンネルが自動選択されます。

    *自動選択されたチャンネルが現在受信可能なFMラジオ局に合致する場合は、そのFMラジオを聴取できます。

     

    (3)他の保存チャンネルに変更する場合は、以下の操作を行なってください。

    <保存チャンネルの変更>

    ・チャンネルの送り: 「FMオン」の状態で、Vボタン(プラス)を2回短押し

    ・チャンネルの戻し: 「FMオン」の状態で、Vボタン(マイナス)を2回短押し

    *なお、異なるチャンネル(1~10)に同じFMラジオ局を保存している場合は、保存チャンネルを変更しても、同じFMラジオ局の「音声」が流れることになります。この点はご了承ください。

     

    (4)チャンネルスキャンを再開する場合は、以下の操作を行なってください。

    <FMチャンネルスキャンの開始(再開含む)> 「FMオン」の状態で、Fボタン2回短押し

    *スキャン再開後は、以下の操作で適宜「チャンネル保存」してください。

    <チャンネルの保存> スキャン中にヒットしたFMラジオ局の「音声」が聴こえる状態で、Vボタン(プラス)を短押し

     

    (5)FMラジオ機能をオフにする場合は、以下の操作を行なってください。

    <FMオフ> 「FMオン」の状態で、Fボタンを長押し

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、「音楽再生」と「FMラジオ機能」は両立できません。

    *そのため、「音楽再生」中に「Fボタンを長押し」しても、「FMラジオ機能」はオンになりません。DT-KIKUDAKEとペアリング/接続したBluetooth機器で「音楽再生」などを行なっている場合は、その「音楽再生」を一旦停止したうえで、「FMラジオ機能」をオンにしてください。

    *なお、「FMオン」の状態で「Mボタンを2回短押し」すると、自動的に「FMオフ」となり、「音楽再生」が優先実行されます。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、「音楽再生」と「FMラジオ機能」は両立できません。

    *そのため、「音楽再生」中に「Fボタンを長押し」しても、「FMラジオ機能」はオンになりません。DT-KIKUDAKEとペアリング/接続したBluetooth機器で「音楽再生」などを行なっている場合は、その「音楽再生」を一旦停止したうえで、「FMラジオ機能」をオンにしてください。

    *なお、「FMオン」の状態で「Mボタンを2回短押し」すると、自動的に「FMオフ」となり、「音楽再生」が優先実行されます。

     

    ●「Fボタン」を含む各ボタンは、真っすぐ奥まで確実に押してください。

    *ボタンが斜めに押されると、正しく反応しない場合があります。

     

    なお、DT-KIKUDAKE本体は修理不能で、「本体のみ」「Fボタンのみ」単体としての補修部品の設定はございません。お手元で正常作動しない(Fボタンが反応しない)場合は、現品修理ではなく、「DT-KIKUDAKE本体の交換」を検討するほかない製品状態となりますので、弊社の商品保証規定にのっとり対応させていただきます。購入証明書(「購入店舗様名」「日付」「商品名」「品番(5桁の数字)」が全て確認できる画像/資料)をご用意のうえ、当サイトのお問い合わせフォーム(メールフォーム)よりお問い合わせください。

    *DT-KIKUDAKE本体のケースは「分解禁止」です。無用なトラブルの原因となりますので、お手元では行なわないでください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、以下の操作で電源ON/OFFできます。

    <電源ON> 電源OFFの状態で、Mボタンを約2秒長押し

    <電源OFF> 電源ONの状態で、Mボタンを約2秒長押し

     

    ●正しく操作しても電源が入らない場合は、以下を今一度ご確認ください。

    (1)単四乾電池の極性(プラス/マイナス)が正しくセットされているか?

    単四乾電池の挿入向きは、「マイナス極側が本体内側、プラス極側が本体外側(電池キャップ側)」となります。

     

    (2)単四乾電池が消耗していないか?

    DT-KIKUDAKEに使用する単四乾電池は、アルカリ乾電池(新品状態の公称電圧:1.5V)をオススメします。

    *ご使用のアルカリ乾電池の電圧が「1.2V未満」に消耗している場合は、新しいアルカリ乾電池に交換してください。

     

    <使用する単四乾電池についての留意事項>

    マンガン電池(新品状態の公称電圧:1.5V)、充電式の単四乾電池(満充電時の公称電圧:1.2V)の使用はオススメできません。

    *DT-KIKUDAKEは、使用する単四乾電池の電源電圧を昇圧して作動するため、これらをご使用の場合は、アルカリ乾電池使用時よりも駆動時間が短く、且つ安定作動しない原因となります。

     

    (3)電池キャップの閉め具合が適切かどうか?

    DT-KIKUDAKEの電池キャップの締め過ぎには十分ご注意ください。

    *電池キャップを締め込んだ際、キャップの金属部分(おねじ部分)と接触する本体内部の端子部が変形すると、「電源が入らない」「ボタンを押しても反応しない」原因となります。なお、電池キャップを一旦緩め、再度適切に締め込み直すことで改善する場合もございますが、改善しない場合は「本体交換」を要す状態といえます。

     

    ●「Mボタン」を含む各ボタンは、真っすぐ奥まで確実に押してください。

    *ボタンが斜めに押されると、正しく反応しない場合があります。

     

    なお、DT-KIKUDAKE本体は修理不能で、「本体のみ」「Mボタンのみ」単体としての補修部品の設定はございません。お手元で正常作動しない(Mボタンが反応しない)場合は、現品修理ではなく、「DT-KIKUDAKE本体の交換」を検討するほかない製品状態となりますので、弊社の商品保証規定にのっとり対応させていただきます。購入証明書(「購入店舗様名」「日付」「商品名」「品番(5桁の数字)」が全て確認できる画像/資料)をご用意のうえ、当サイトのお問い合わせフォーム(メールフォーム)よりお問い合わせください。

    *DT-KIKUDAKE本体のケースは「分解禁止」です。無用なトラブルの原因となりますので、お手元では行なわないでください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●「Vボタン(プラス/マイナス)」を含む各ボタンは、真っすぐ奥まで確実に押してください。

    *ボタンが斜めに押されると、正しく反応しない場合があります。

     

    なお、DT-KIKUDAKE本体は修理不能で、「本体のみ」「Vボタン(プラス/マイナス)のみ」単体としての補修部品の設定はございません。お手元で正常作動しない(Vボタンが反応しない)場合は、現品修理ではなく、「DT-KIKUDAKE本体の交換」を検討するほかない製品状態となりますので、弊社の商品保証規定にのっとり対応させていただきます。購入証明書(「購入店舗様名」「日付」「商品名」「品番(5桁の数字)」が全て確認できる画像/資料)をご用意のうえ、当サイトのお問い合わせフォーム(メールフォーム)よりお問い合わせください。

    *DT-KIKUDAKE本体のケースは「分解禁止」です。無用なトラブルの原因となりますので、お手元では行なわないでください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●具体的な確認手順は以下の通りです。

    (1)本体とスピーカーが正しく配線接続されているか?

    DT-KIKUDAKEのスピーカー配線の接続部は「φ2.5/四極端子」を採用しておりますので、挿し込みが固めです。本体配線のジャック部(メス側)とスピーカー配線のプラグ部(四極端子オス側)の各々太い部分を持ち、スピーカー配線のプラグ部(四極端子オス側)が奥までしっかり挿し込まれていないと、「スピーカー(片方、または両方)から音が出ない」「スピーカーから音が出たり出なかったりする」原因となります。

     

    (2)本体とスピーカーの配線接続部に汚れや錆などが付着していないか?

    本体とスピーカーの配線接続部(金属端子部)に無用な汚れや錆などが付着している場合は、各々キレイに取り除いてください。

    *なお、本体配線のジャック部(メス側)とスピーカー配線のプラグ部(四極端子オス側)は、各々防水仕様ではありません。配線接続後の当該部位は、直接雨水が掛からないよう、必ずヘルメット内部に入れてください。

     

    なお、上記何れにおいても、お手元で不具合が改善しない(スピーカーから音が出ない)場合は、弊社の商品保証規定にのっとり対応させていただきます。購入証明書(「購入店舗様名」「日付」「商品名」「品番(5桁の数字)」が全て確認できる画像/資料)をご用意のうえ、当サイトのお問い合わせフォーム(メールフォーム)よりお問い合わせください。

     

    ●スマートフォンなど、接続機器側やアプリによる「音楽」「音声」が聞こえない(小さい)場合は、以下をご確認ください。

    (1)DT-KIKUDAKEと正しくBluetoothペアリング/接続できているか?

    (2)接続機器側やアプリによる「音楽」「音声」のメディアボリューム(出力音量レベル)が最大値よりも下がっていないか?

    (3)接続機器側やアプリによる「音量制限」機能が有効になっていないか?

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●ヘルメット内のスピーカー組み付け位置が適切かどうか?

    左右スピーカーは、耳の穴の位置(あご紐の付け根部分より上側の、少し後ろよりの位置を目安)に正しく合わせてください。

    *スピーカーと耳との位置が近いほど音質は良くなります。逆に遠くなると音質は悪くなり、音が聞き取りにくくなります。スピーカーが奥まった位置となり無用な隙間が生じる場合は、付属の「スピーカー位置調整用パッド」を適宜ご使用のうえ、スピーカーと耳との距離をできるだけ近づけてください。

     

    ●ヘルメットの中から左右スピーカーを完全に取り出し、開放空間で正常な音が出るかどうか?

    開放空間で正常な音が出る場合は、DT-KIKUDAKE側の異常ではございません。

     

    ●スマートフォンなど、接続機器側やアプリによる「音楽」「音声」が聞こえない(小さい)場合は、以下をご確認ください。

    (1)DT-KIKUDAKEと正しくBluetoothペアリング/接続できているか?

    (2)接続機器側やアプリによる「音楽」「音声」のメディアボリューム(出力音量レベル)が最大値よりも下がっていないか?

    (3)接続機器側やアプリによる「音量制限」「音量自動調整」機能が有効になっていないか?

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●iPhone/Android問わず、スマートフォンとペアリング(デバイス登録)する場合の操作手順は以下の通りです。

    (0)念のため、スマートフォン側の「再起動」を行なってください。再起動後、スマートフォンのBluetooth設定画面で「DT-KIKUDAKE」が既に登録されている場合は、「デバイス登録の解除」で未登録の状態に戻します。

     

    (1)DT-KIKUDAKEをオールリセットする

    <オールリセット> 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Mボタンを同時長押し

    *アナウンスが流れ、「LEDが5回赤点滅⇒消灯する」ことを確認します。

     

    (2)DT-KIKUDAKEをペアリングモードにする

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (3)(2)「LEDが青/赤交互点灯」中に、スマートフォンのBluetooth設定画面を確認します。「DT-KIKUDAKE」が新たなデバイスとして表示されますので、タップしてペアリング(スマートフォンへの「DT-KIKUDAKE」デバイス登録)を完了させます。

    *スマートフォンへのペアリング(デバイス登録)/接続が完了しましたら、音楽アプリなどを使用して、DT-KIKUDAKEの左右スピーカーから音が出ることをご確認ください。

     

    なお、基本的にペアリングは一度のみの行為です。DT-KIKUDAKEを再起動(一旦電源OFF、再度電源ON)する都度、DT-KIKUDAKEとスマートフォンを再ペアリングする必要はありません(電源ON時に、ペアリングされた機器同士で自動接続を行ないます)。どうしても再ペアリングする必要がある場合は、必ず「手順(0)スマートフォンの再起動、ならびにBluetooth設定画面でデバイス未登録の状態に戻す」まで立ち返ってください。この作業を怠ると、予期せぬ通信トラブルの原因となります。

    *電源ON時に両者が自動接続されない場合は、スマートフォンのBluetooth設定画面を操作して、登録済みの「DT-KIKUDAKE」をタップして再接続を行なってください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,スマホ,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、iPhone/Android問わず、ペアリング/接続されたスマートフォンへの「電話着信(HFP音声入力)」を受信することはできません。

    DT-KIKUDAKEはマイクを実装しておりませんので、ご使用中にスマートフォンへの「電話着信(HFP音声入力)」があったとしましても、DT-KIKUDAKE側で自動的に着信を都度拒否します。

    *そのため、オートバイを停車した後などにスマートフォンへの電話着信履歴をご確認いただき、スマートフォンを直接操作して折り返し電話を適宜行なっていただく必要があります。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,スマホ,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKE https://daytona-talk.com/kikudake/ ですが、お手元の商品に実装されたファームウェア(Ver1.00)を上書き/更新するデータは、現在までに一度も公開/提供したことがありません。

    *そのため、当該データをダウンロードするサイトにつきましても、現状ご用意がございません。お手元の商品に実装されたファームウェア(Ver1.00)のままご使用ください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEのヘルメットクリップ(組み付け幅:約45mm)は、本体の嵌合穴(2箇所)に挿し込まれているだけの部品のため、物理的に抜き取ることができます。

    *そのため、「本体からヘルメットクリップが抜ける」こと自体は異常ではありません。

     

    ●ヘルメットクリップが本体から図らずも抜けてしまった場合は、本体の嵌合穴(2箇所)にクリップ先端を挿し戻し、奥までしっかり挿入し直してください。

     

    ●なお、DT-KIKUDAKEの「ヘルメットクリップのみ」単体としての補修部品の設定はございません。

    しかしながら、当該クリップがないとヘルメットに本体を組み付け固定できないため、「ヘルメットクリップのみのみ」単体(バルク部品 ✖ 1個)の無償提供が可能かどうか、都度検討させていただきます。ご希望の場合は、購入証明書(「購入店舗様名」「日付」「商品名」「品番(5桁の数字)」が全て確認できる画像/資料)をご用意のうえ、当サイトのお問い合わせフォーム(メールフォーム)よりお問い合わせください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、このような症状を生み出す機能を実装しておりません。

    *DT-KIKUDAKEのVボタン(プラス/マイナス)操作で調整できる音量は、「音楽再生」「FMラジオ」各々のマスターボリュームのみとなります。

     

    ●このような症状が発生する場合は、スマートフォンなど、接続機器側やアプリによる「音量制限」「音量自動調整」機能が有効になっている可能性が高いため、接続機器側やアプリの設定を今一度ご確認ください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,スマホ,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、ミュージックシェア機能を実装しておりません。

    *そのため、「DT-KIKUDAKE ⇒ 他のインカム」へのミュージックシェアはできません。

     

    ●他社インカムなど、市販のBluetooth機器につきましては、DT-KIKUDAKEとのペアリング/接続の可否、ならびに接続後の所定の作動を確約するものではございません。この点はご了承ください。

    *なお、他社インカムとペアリング/接続後、DT-KIKUDAKEの所定の作動が一部制限されたとしましても、弊社商品(インカムやレーダー)やスマートフォン(iPhone/Android問わず)とのペアリング/接続時に正常作動する場合は、DT-KIKUDAKE側の異常でありません。

     

    <弊社インカムとのミュージックシェアについて>

    ●DT-KIKUDAKE ✖ 1台、DT-01(Ver2.11以降)/プラス ✖ 1台

    この場合、DT-01(Ver2.11以降)/プラスを「4人モード」で起動してペアリング/接続することになりますが、DT-KIKUDAKEはミュージックシェア機能を実装しておりませんので、実行できません。

     

    ●DT-KIKUDAKE ✖ 1台、DT-01(Ver1.35~1.37)✖ 1台

    この場合、「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」へのミュージックシェアであれば実行できますが、ミュージックシェア中の通話(「DT-01(Ver1.35~1.37)⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけ)はできません。

    *なお、DT-01(Ver1.30~1.33)は、DT-KIKUDAKEとのペアリング対象外のファームウェアとなります。

     

    ●DT-KIKUDAKE ✖ 1台、DT-E1/プラス ✖ 1台

    この場合、「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのミュージックシェアであれば実行できますが、ミュージックシェア中の通話(「DT-E1/プラス ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけ)はできません。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●他社インカムなど、市販のBluetooth機器につきましては、DT-KIKUDAKEとのペアリング/接続の可否、ならびに接続後の所定の作動を確約するものではございません。この点はご了承ください。

    *なお、他社インカムとペアリング/接続後、他社インカムやDT-KIKUDAKE側の所定の作動が一部制限されたとしましても、弊社商品(インカムやレーダー)やスマートフォン(iPhone/Android問わず)とのペアリング/接続時に正常作動する場合は、DT-KIKUDAKE側の異常でありません。

     

    ●他社インカムとのペアリング時の留意点は以下の通りです。

    (1)DT-KIKUDAKE側で行なう操作は以下のみとなります。

    <オールリセット> 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Mボタンを同時長押し

    *アナウンスが流れ、各々「LEDが5回赤点滅し、消灯する」ことを確認します。

     

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (2)他社インカムにつきましては、基本「1対1」での接続想定となります。

    *なお、DT-KIKUDAKEとペアリング/接続できたとしましても、ペアリング/接続後の「他社インカム ⇒ DT-KIKUDAKE」へのしゃべりかけはできない場合があります。

     

    ●なお、他社インカムとのペアリング/接続がうまくできない場合は、他社インカムとのペアリングを一旦中止し、

    (1)弊社DTシリーズ(他のDT-01/プラス、DT-E1/プラス)とのペアリング/接続

    (2)スマートフォン(iPhone/Android問わず)とのペアリング/接続

    ができるかどうかご確認ください。

    *(1)(2)が正常にできるのであれば、DT-KIKUDAKE側の異常ではございません。他社インカムの仕様/機能につきましては、他社インカムメーカー様へお問い合せください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●両者の機能性の主な違いは以下の通りです。

    (1)FMラジオ機能(Fボタン)の有無

    ・DT-KIKUDAKE: FMラジオ機能(Fボタン)あり

    ・聴くだけBT2: FMラジオ機能(Fボタン)なし

     

    (2)電池キャップ組み付け時の本体サイズ(全長)

    ・DT-KIKUDAKE: 全長 約84mm

    ・聴くだけBT2: 全長 約80mm

    *本体の「高さ」「奥行」「重量」は、両者でほぼ変わりがありません。

     

    ●なお、以下は両者で形状が異なるため、各々専用部品となります。

    ・DT-KIKUDAKE(品番14982)専用部品

    (1)電池キャップ(品番14983)

     https://www.daytona.co.jp/products/detail/14983/

    (2)シールセット(品番14984)

     https://www.daytona.co.jp/products/detail/14984/

    (3)ヘルメットクリップ(品番設定なし): 組み付け幅 約45mm

     

    ・聴くだけBT2(品番95235:廃番)専用部品

    (1)電池キャップ(品番94228)

     https://www.daytona.co.jp/products/detail/94228/

    (2)シールセット(品番94232)

     https://www.daytona.co.jp/products/detail/94232/

    (3)ヘルメットクリップ(品番設定なし): 組み付け幅 約40mm

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、以下の操作で電源ON/OFFできます。

    <電源ON> 電源OFFの状態で、Mボタンを約2秒長押し

    <電源OFF> 電源ONの状態で、Mボタンを約2秒長押し

     

    ●正しく操作しても電源が入らない場合は、以下を今一度ご確認ください。

    (1)単四乾電池の極性(プラス/マイナス)が正しくセットされているか?

    単四乾電池の挿入向きは、「マイナス極側が本体内側、プラス極側が本体外側(電池キャップ側)」となります。

     

    (2)単四乾電池が消耗していないか?

    DT-KIKUDAKEに使用する単四乾電池は、アルカリ乾電池(新品状態の公称電圧:1.5V)をオススメします。

    *ご使用のアルカリ乾電池の電圧が「1.2V未満」に消耗している場合は、新しいアルカリ乾電池に交換してください。

     

    <使用する単四乾電池についての留意事項>

    マンガン電池(新品状態の公称電圧:1.5V)、充電式の単四乾電池(満充電時の公称電圧:1.2V)の使用はオススメできません。

    *DT-KIKUDAKEは、使用する単四乾電池の電源電圧を昇圧して作動するため、これらをご使用の場合は、アルカリ乾電池使用時よりも駆動時間が短く、且つ安定作動しない原因となります。

     

    (3)電池キャップの閉め具合が適切かどうか?

    DT-KIKUDAKEの電池キャップの締め過ぎには十分ご注意ください。

    *電池キャップを締め込んだ際、キャップの金属部分(おねじ部分)と接触する本体内部の端子部が変形すると、「電源が入らない」「ボタンを押しても反応しない」原因となります。なお、電池キャップを一旦緩め、再度適切に締め込み直すことで改善する場合もございますが、改善しない場合は「本体交換」を要す状態といえます。

     

    なお、上記何れにおいても、お手元で不具合が改善しない(電源が入らない、Mボタンを約2秒長押ししても反応しない)場合は、弊社の商品保証規定にのっとり対応させていただきます。購入証明書(「購入店舗様名」「日付」「商品名」「品番(5桁の数字)」が全て確認できる画像/資料)をご用意のうえ、当サイトのお問い合わせフォーム(メールフォーム)よりお問い合わせください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●マンガン電池(新品状態の公称電圧:1.5V)、充電式の単四乾電池(満充電時の公称電圧:1.2V)を使用していないか?

    *DT-KIKUDAKEは、使用する単四乾電池の電源電圧を昇圧して作動するため、これらをご使用の場合は、アルカリ乾電池使用時よりも駆動時間が短く、且つ安定作動しない原因となります。

    *DT-KIKUDAKEに使用する単四乾電池は、アルカリ乾電池(新品状態の公称電圧:1.5V)をオススメします。なお、ご使用のアルカリ乾電池の電圧が「1.2V未満」に消耗している場合は、新しいアルカリ乾電池に交換してください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEは、特定のBluetooth機器とのペアリング情報のみをリセット(削除)することはできません。

    *「オールリセット」することになるため、スマートフォンや弊社レーダーなどとのペアリング情報を含め、DT-KIKUDAKEに現在登録されているBluetooth機器とのペアリング情報が全てリセット(削除)されます。

    *なお、DT-KIKUDAKE側に「チャンネル保存」されたFMラジオ局の情報(最大10チャンネル)は、「オールリセット」を行なってもリセット(削除)されません。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●DT-KIKUDAKEですが、本体に接続/使用可能なスピーカーは、標準付属スピーカーと同品の以下のみとなります。

    *「薄型」「小型」などの専用OPTIONスピーカーの設定はございません。

     

    ・DT-KIKUDAKE(品番14982)補修部品

     ロングケーブルスピーカー(品番94231)

     https://www.daytona.co.jp/products/detail/94231/

    <製品概要>

    *DT-KIKUDAKE(品番14982)標準付属スピーカー(外径φ40 ✖ 厚さ10mm)。「φ2.5/四極端子」オスジャック採用。

     

    ●なお、標準付属スピーカーとは異なる他のスピーカー(以下など)は何れも接続使用できません。

    ・弊社コンパクトスピーカー(品番24977) https://www.daytona.co.jp/products/detail/24977/ など、DT-01/プラス(ならびにDT-E1/プラス)用に設定されているスピーカー(各種)

    ・弊社HDS10ヘルメットスピーカー(品番91364) https://www.daytona.co.jp/products/detail/91364/ など、「φ3.5/三極端子」オスジャック採用のスピーカー(各種)

    *市販の「ジャック変換アダプター(φ3.5 ⇔ φ2.5)」などを介した状態でも、「φ3.5/三極端子」オスジャック採用のスピーカー(各種)は接続使用できません。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ

  • A. 以下をご確認ください。

    ●MOTO GPS LASER(品番25674)、旧・MOTO GPS RADAEシリーズ(廃番)問わず、弊社レーダーにペアリング(デバイス登録)できるBluetooth機器は、常に「1台のみ」となります。

    *そのため、弊社レーダーにDT-KIKUDAKE以外の機器をペアリングした場合は、DT-KIKUDAKEと弊社レーダーとを再度ペアリングし直していただく必要があります。

     

    ●MOTO GPS LASER(品番25674)、旧・MOTO GPS RADAEシリーズ(廃番)問わず、弊社レーダー(各種)とペアリング(デバイス登録)する場合の操作手順は以下の通りです。

    (0)念のため、弊社レーダー側の「ペアリング解除」を行なってください。

    (1)DT-KIKUDAKEをオールリセットする

    <オールリセット> 電源OFFの状態で、Vボタン(プラス)を押しながら、Mボタンを同時長押し

    *アナウンスが流れ、「LEDが5回赤点滅⇒消灯する」ことを確認します。

     

    (2)DT-KIKUDAKEをペアリングモードにする

    <ペアリングモードへの移行> 電源OFFの状態で、Mボタンを約5秒長押し

    *途中「電源が入りました」のアナウンスが流れますが、Mボタンから手を離さず、そのまま押し続けてください。「ペアリングを開始します」のアナウンスが流れたらMボタンから手を離し、「LEDが青/赤交互点灯する」ことを確認します。

     

    (3)(2)「LEDが青/赤交互点灯」中に、弊社レーダー側の「ペアリング設定」操作を行なってください。

    *ペアリングが完了しましたら、弊社レーダー側の「テスト機能」を使用して、DT-KIKUDAKEの左右スピーカーから音が出ることをご確認ください。

     

    なお、基本的にペアリングは一度のみの行為です。DT-KIKUDAKEを再起動(一旦電源OFF、再度電源ON)する都度、DT-KIKUDAKEと弊社レーダーを再ペアリングする必要はありません(電源ON時に、ペアリングされた機器同士で自動接続を行ないます)。どうしても再ペアリングする必要がある場合は、必ず『手順(0)弊社レーダー側の「ペアリング解除」を行なう』まで立ち返ってください。この作業を怠ると、予期せぬ通信トラブルの原因となります。

     

    ●「電源ONしても、ペアリングしたはずの弊社レーダーとDT-KIKUDAKEが一向に接続されない」場合は、電源ONする機器の順序を「DT-KIKUDAKEを先」「レーダーを後」に変えてみてください。

    *「レーダーを先」「DT-KIKUDAKEを後」に電源ONするよりも、「DT-KIKUDAKEを先」「レーダーを後」に電源ONしたほうが、両者の自動接続が早いといえます。

    *なお、電源ONする機器の順序を「DT-KIKUDAKEを先」「レーダーを後」に変えてみても両者の自動接続が不安定な場合は、

    ・弊社レーダー側の「ペアリング解除」

    ・DT-KIKUDAKEの「オールリセット」

    を行なったうえで、DT-KIKUDAKEと弊社レーダーとを再度ペアリングし直してください。

     

     

    #対象品番: 14982

    #対象語句: インカム,DT-KIKUDAKE:品番14982,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,DT-KIKUDAKE,DTKIKUDAKE,DT-kikudake,DTkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,dt-KIKUDAKE,dtKIKUDAKE,dt-kikudake,dtkikudake,聴くだけ,聞くだけ