BSCパラレルミラー

商品番号:67637

標準価格(税込) 8,470

カタログページ数 P.149

デザインと視野性を両立させたミラー!

ミラーアーム部の取付角度を水平から垂直まで調整可能な中空アームを採用したパラレルミラー。ミラーを低い位置にセットできます。左右共通(1個入り)。

●クロームメッキ
●正ネジ、逆ネジM10×P1.25各1本付属
●鏡面部はブルーミラー採用
●2007年新保安基準適合

≪ミラーは右側だけついていれば良いのか?≫
道路運送車両の保安基準よりバックミラーに求められる諸条件の一部を要約すると、「通常の運転姿勢から、左右外側線上後方50mまでの交通状況を確認できること」とあります。つまり、ミラー1個で左右後方50mが確認できれば1個でもよいと言うことですが、ミラーの大きさの制限等もありますので、現実的には1個で視界を確保する事は無理でしょう。安全のためにも左右にミラーを取り付けることをオススメします。
≪バックミラーの新保安基準について≫
平成19年(2007年)1月1日以降に製作された自動車(自二輪車および軽二輪車)に備える後車鏡は、下記の規定(一部のみ要約)に該当するものは保安基準適合外となり、公道での使用、および車検には対応できません。
●鏡面の面積が69cm2未満であるもの。
●円形の鏡面は、鏡面の直径が94mm未満のもの。または150mmを超えるもの。
● 円形以外の鏡面は、鏡面に直径78mm未満の円が内包できないもの、または鏡面が縦120mm、横200mm(または逆)の長方形に内包できないもの。
●歩行者等に接触した場合において、歩行者等に傷害を与える恐れのあるもの。
※ 後付け部品に関しては、純正バックミラーのようにEマーク取得は義務付けされていませんが、たとえ鏡面の面積をクリアしていても“衝撃緩衝”の点で、不明瞭な現場判断による可否判断をされる恐れがありますので、従来タイプのバックミラーは全て「新保安基準適合外」とします。
カタログ表記上では、新保安基準に適合しないものは、保安基準適合外 としています。
なお、新保安基準適合外 でも平成18年(2006年)12月31日以前に製作された自動車においては、商品を使用することは何ら問題はありません。

※アームベースが接触して写したい方向へミラーを向けられない場合は、ミラーアダプターを利用し、取付位置を上げる必要があります。
※金属ミラーハウジング採用につき、振動の多い車両には取付不可。ミラー鏡面が欠ける場合があります。